サガフロンティア2コミュニティ > サガフロンティア - キャラクター強化について - ヒューマン

サガフロンティア - キャラクター強化について - ヒューマン

ヒューマン -human-

特徴 :コストも抑えやすく、利便性では最高。全体攻撃はメカに劣るが最強クラス。 雲身払車剣、ニ刀烈風剣は盾回避されやすい。単体攻撃では塔、DSCが群を抜いている。

育成指標 :全技術、見切りをマスターして、能力値,HP,WP,JPを最大にします。
STR、WILはモンスター能力のサッドソングを使って、能力値を下げると成長しやすい。 終盤の能力値上げには、シンロウ遺跡奥のスライム群をつかいましょう。

切り返し
1500〜2000程度のダメージ、ディフレクト、かすみ青眼も装備で、防御も万全。
十字砲火(二丁拳銃)
消費WP4(達人でWP3)で、STR依存で、5000〜7500程度のダメージ、 同一連携して他の技術とも繋がりやすい。STRは銃では上がらないので、剣か体術を使う。
曲射(二丁拳銃)
消費WP2(達人でWP1)で、3000〜4000程度のダメージとダークシフト効果があり、 コストパフォーマンスがいい。麒麟戦でとても役に立ちます。 (二丁拳銃)でない場合は、2連携目以降に入れないとダークシフト効果はない。
二丁拳銃
技無しでも1200程度のダメージ。両手を使っても盾回避できるのもgood!
早撃ち
銃技をファストトリック(ターンの最初に行動)にします。
短勁
1000〜2000程度のダメージ、同一連携し他の技術とも繋がりやすい。 バリア、カウンター無効で、体術に強い敵にもダメージを与えます。
空気投げ
コストは切り返しと同じ、デュラハンに避けられにくい。 反面、両手を使うのでこちらも盾回避できなくなる。
スープレックス
コストは十字砲火と同じで、ダメージは格段に少ないですが、 デュラハンに避けられにくい。反面、両手を使うのでこちらも盾回避できなくなる。
DSC
塔には劣るもののオーヴァドライヴ中にも使える。体術の隠し技。

超風
全体攻撃4000程度のダメージ、ヴァーミリオンサンズでも代用できる。
インプロージョン
1000程度のダメージ、中確率で即死。
時間触
1500〜2500程度のダメージ、高確率で石化、デュラハン狩りにおすすめです。
タイムリープ
1ターンの間、敵一体を行動不能にします。ボスにも100%効きます。
停滞のルーン
術者と敵一体を硬化させる。硬化時間は残りJPに比例、味方の硬化は万能薬、杯で、 敵の硬化はダークスフィアなどで回復することができます。
リバースグラビティ
2000〜2500程度の敵全体攻撃、高確率でスタン。
オーヴァドライヴ
ファストトリックで8回程度行動でき、終了時にWP,JP,銃の残弾数が0になる。 オーヴァドライヴ中に停滞のルーンを使えば、消費をJP8におさえられ オーヴァドライヴ終了後も、行動回数が増えたままになります。(停滞のルーンの硬化は解いてもかまいません)
最強の単体攻撃術、コストは全JPなのでイクストルや地竜を狩るときのように、 リセット必須の場面では便利

*シナリオの特性(ヒューマン・妖魔共通)*

ブルー編 ブルー・ルージュ以外:魔術時術空術不可。麒麟を憑依可。
*ルージュ戦の勝敗

>ブルー勝利
命術可、妖術含む多くの術使用可。INT,WIL,PHY,JPが2倍になる。
>ルージュ勝利
命術可、妖術含まない多くの術使用可。INT,WIL,PHY,JPが2倍になるが、
それ以外すべて初期値になる。すべての技、見切りを忘れる。

レッド編 レッド:ヒーロー技習得可
クーン編 印術の資質を取れるのはメサルティムのみ。
オウミの館に入れるのは1度のみ。妖術購入不可、時術不可。
T260G編時術不可。妖魔は仲間にならない。
アセルス編グリフォン(大)を憑依可。

全編共通

魔術資質は、ブルー・ルージュのみ。
秘術エミリア、ゲン加入後に、盾から始めれば、ヒューズ、エミリア、ゲンも資質習得可。
印術アニーは、エミリア編以外では資質習得不可。
フェイオンも資質習得不可。ルーンソードにより、購入できる秘術との同時持ち可。
アセルス&妖魔全員魔術妖術の同時持ち可。
メサルティム印術の資質あり。
零姫幻術可,空術不可。
ゾズマ邪術可(資質なし)。
サイレンス陰術資質不可。

ヒューマン妖魔モンスターメカ

関連書籍

サガフロンティア解体真書
攻略に必要な情報は、ほぼすべて載っています。表紙はブルー。
サガフロンティア裏解体真書
”解体新書”より詳しい攻略情報が3割、残り7割がインタビューやイラスト、設定画集などのファンブック的な内容、 表紙の愛らしいアセルスが目印、私はこの表紙に惚れて買いました。
SaGa Frontier Original Soundtrack
再版されました