サガフロンティア2コミュニティ > おすすめ - その他

おすすめ - その他

SFC ダークハーフ

エニックスの隠れた名作(と私は思う)人間を滅ぼそうとする魔王と、それを阻む勇者の両サイドが体験できるRPG。 魔王側では、人間を死なせるときのセリフがひとつひとつ赴き深い。逆に、死なせずに生かしておくと、勇者側でまた違ったセリフが聞けます。
このゲームのカギになるのがSP(ソウルポイント)。歩くことで消費し、これが尽きるとゲームオーバー。
勇者は、敵や味方が死ぬか、ファティアという宝石(魂で作られた、この世界の通貨)と引き換えに回復できる。 魔王は、さらに魔法を使うことでも消費し、人間を死なせることで回復できる。 ファティアでは回復できない。(勇者と違って回復手段が少ないので、見つけた人間はすべて狩るべし)
セーブポイントが限られていて、すべて一回限りの使い切りなので、ゲームを止めるときだけにしましょう。 最強化を目指すなら、電源を切らずに済むときにだけプレイしましょう。
しだいに魔王の正体がわかってくる後半は秀逸、EDは4種類で、なかなか切なくて感動的です。 魔王の真の正体が分かるEDは1種類(ヒント:勇者側、条件難のほう)のみ。

FC ウィザードリィ(シナリオ#1 狂王の試練場)
FC ウィザードリィ2(シナリオ#3 LOL リルガミンの遺産)
FC ウィザードリィ3(シナリオ#2 KODs ダイヤモンドの騎士)

人間、エルフ、ドワーフ、ホビットでキャラクターを作ってダンジョンにもぐります。 能力値によってジョブチェンジができ、装備の幅が広がります。指輪物語の影響を強く受けたRPGの元祖です。 あまりグラフィックには頼らず、重厚なセリフで説明するのが特徴。小説好きはハマるでしょう。
武器にはSP(スペシャルパワー)という力があるものもあり、 能力値が上がるものや、逆に使用者を死に至らしめるものなど様々、 また、魔法の失敗や宝箱のトラップ解除失敗で全滅したり、 別のパーティを作って遺体の回収しないと蘇生できなかったり、 蘇生魔法に失敗して遺体が灰と化してしまったり、LVと引き換えに使う魔法があったりと、 ちょっとシビアで、赴き深い要素が多々あります。
最近の甘々なファンタジーの設定に飽き飽きしている方にオススメ
シナリオ#2,#3はFCに移植された順序が逆なので、FC版2がシナリオ#3、FC版3がシナリオ#2となります。

■ その他のバージョン
PS ウィザードリィ リルガミンサーガ

シナリオ#1,#2,#3が入っています。マップは一部FC版とは異なります。
シナリオ#1,#2,#3はPCから、非常に多くのPCや機種に移植されていますが、日本で特に普及したのがFC版です。
また、FC版のバグを潰したNP版(ニンテンドーパワー書き替え版SFC)がおすすめなのですが、現在入手困難となっております。

SFC ウィザードリィ5(シナリオ#5 HOM 災禍の中心)

NPCがうろうろ歩いている、キャラクターの能力に水泳能力が追加されている。 少し難易度が下がった…以外はあまり従来のwizと変わらないと思います。なんかちょっとのんきな雰囲気がただよっています。
シナリオ#4(ワードナの逆襲)は、シナリオ1のラスボスを主人公にした番外編ですが、SFCでは出ていません。

■ その他のバージョン
PS ウィザードリィニューエイジオブリルガミン

シナリオ#4,#5が入っています。
特にシナリオ#4は、他の家庭用ゲーム機へ移植されておらず、PCに馴染みのない人には触れる機会が少ない。

SFC ウィザードリィ6(シナリオ#6 BCF 禁断の魔筆)

いままでからシステムを一新、別ゲームだけどそれなりに面白い 顔エディットで顔ドット絵を自作できるのですが、これに何時間もかけて満足してやめちゃったり(苦笑)

GBC ウィザードリィ外伝 I
GBC ウィザードリィ外伝 II
GBC ウィザードリィ外伝 III

私が最初にプレイしたwizが外伝3でした。外伝シリーズは、アスキー制作の和製wiz。 この後、外伝の系譜はディンギル、戦闘の監獄(POB)、慈悲の不在、五つの試練へと引き継がれます。
3から種族や職業、アイテムを大幅に増やし、ダンジョンも複数になりました。 序盤の経験値かせぎがけっこう辛い。隠しダンジョンがあったりしてwizのなかで一番長く楽しめた気がします。 アイテムが多くコレクターにも最適です。

、、、ちなみに、SFCで発売された外伝IVは、和風を売りにしているのですが、バランスがおかしい(ゲームとして成立しないほどヌルい)、仕様がおかしい、 と、wizである以前にゲームとしてどうなの?という代物なので、事前によく情報収集してご判断下さい。

■ その他のバージョン
wizは「本家」の他に、この「アスキー系:外伝」、「スターフィッシュ系:エンパイア(ヌルゲーかつバグゲーの傾向あり)」、 「アトラス系:BUSIN」、「チームムラマサ系:エクス(学園ラブコメ色あり)」、「それ以外:ルネサンス?」などがあり、ファンでも把握しきれません(苦笑)
他にも、wizと名前を付けていないもののシステムをそっくり踏襲しているものとして、 剣と魔法と学園モノ。(アクワイア)、エルミナージュ(スターフィッシュ)、世界樹の迷宮(アトラス)などがあります。
ただし、本家の呪文名に使用されているtrue wordに、カナダ関連の著作権があるため、 本家と外伝の途中まで以外は、全て英訳名か1、2文字差し替えたものになっています。 というわけで、本家&外伝以外は下記リンクで
ウィザードリィ

PS ゼノギアス PS one Books

シナリオ重視型のRPG。キャラクターやセリフ、シナリオは秀逸で、とくに女性に人気のあるゲームです。
国境ぞいの田舎村ラハンで、絵を描きながらのんびり暮らすフェイ。 明日は親友二人の結婚式、だがその夜、フェイ達は悲劇に巻き込まれる。 最初は小さな悲劇だった物語が、しだいに壮大な物語へと展開していきます。

オーソドックスなRPGですが、ギアと呼ばれるロボットに乗って戦うところもあります。 ロボットもののアニメを見たことがない私でも気にせずプレイできたので、ロボット苦手でも大丈夫です。

■ 関連書籍
> ゼノギアス

■ その他のバージョン
PS スクウェア ミレニアム コレクション ゼノギアスエレハイム・ヴァン・ホーテン版
PS スクウェア ミレニアム コレクション ゼノギアスウォン・フェイフォン版

ゼノギアス

PS PlayStation the Best エリーのアトリエ~ザールブルグの錬金術士2~

ジャンルはRPGですが、シミュレーションに近いです。 アイテムを作ったり、アイテム作成の依頼を受けたり、街の外に材料集めに行ったりしながら、試験やお祭りなどのイベントをこなしていきます。
アイテム制作や、採集ポイントまでの往復にかかる時間など、日程を考えて計画的にプレイしないと、材料切れで妖精がサボったり、納期に遅れたり、イベントをやり逃したりします。こまめにセーブできるので、やり直しは楽。
主人公エリーは錬金術士の学校に通う女の子で、一応、異性との恋愛要素もあるのですが…ちょっと微妙。 前作にブレンド調合が加わり、より高く売れるアイテムや、(戦闘などで)より効果の大きいアイテムを作ったりできます。

■ 関連書籍
エリーのアトリエ関連

ファイナルファンタジー:アンリミテッド

ゲームではなく、スクウェア・サガシリーズディレクター河津さん、監修・原案のTVアニメ。
つっこみどころ満載のおバカアニメですが、かなり楽しかったと覚えています。 両親を探して、いくつものリージョンを双児の姉弟が旅する、どこか河津さんらしい物語です。 (サガフロンティアとGBSaGa2を混ぜた設定と考えると良いかと思います。)
…なのですが、主人公は彼女たちではなく、彼女たちの危機に現れてはモンスターを退治する ”風”という人物。いろいろな”ソイル”を組み合わせて召還獣を呼び出します。 後に、”雲”や”霧”といった人物も出てきて…、という具合。
最終回は、けっこうムリヤリ決着付けていますが、その続きの物語を ファイナルファンタジー:アンリミテッドアフター〜外界の章〜で読むことができます。